前へ
次へ

古い建物を残したまま土地を売却するとき

相続などによって古い住宅が建っている土地を取得するときがあるでしょう。
そのまま住み続けたり自分で建て替えたりするならいいですが、田舎にある物件だと住みづらい時もあります。
早めに処分をして現金化した方がいい時もあるので売却を検討すると良いでしょう。
更地にして売却するときもあれば、建物を残して売却するときもあります。
建物付きで土地を売るときは、建物の価値があるかないか売却額が変わります。
新しい建物などなら建物の価値もそれなりに評価されます。
一方築20年以上だと価値はつきにくく、いくらきれいでも価値がゼロになるときもあります。
さらに古くて改修などが必要だと建て替え希望が多くなり、取り壊し費用などを引いた売却額になるときもあります。
建物がある状態だと建物の下の土地の様子がわかりません。
売買契約書によっては土地に何らかの瑕疵があるときは売主がその責任を負わないといけないとする文言が入るときがあります。
浄化槽などの撤去費用なども負担しないといけない可能性があります。

Page Top