前へ
次へ

擁壁に隣接する土地を購入するとき

土地にはいろいろあり、四方が道路や他の宅地などに囲まれているところもあれば、一方に用水路が流れていたり、一方が山などになっているところもあります。
山を切り開いて宅地開発されているところだとところどころに擁壁と呼ばれるコンクリートで作られた壁を見かけるかもしれません。
なぜコンクリートで固められているかですが、土のままだと崩れる可能性があり色々な問題が生じるためです。
擁壁が必要な所には一定の申請をした上で工事を行います。
ただしすべての擁壁が申請に基づいて行われているわけではなく、かなり以前に設置されたものや申請なしで行っている工事もあります。
申請をして作られた擁壁はそれなりの安全性もあるでしょうが、不適格擁壁は非常に危険な時もあります。
土地の価格としては安い時もありますが、あまり購入するのに良いとは言えません。
擁壁は自分で申請をして工事をしてもらえますが、古い擁壁を壊して新たに設置をするとかなりの費用が必要になるので注意しましょう。

Page Top